タクシーの営業方法について徹底解説

タクシー運転手としてまず基本となる営業方法は大きく分けて3つあります。
ここでは、その3つの営業方法について解説していきます。

・無線配車
タクシー会社に届いた予約を無線でタクシーに連絡し、時間と場所を乗客の要望に合わせて、タクシーを回す営業方法

・付け待ち
駅前やホテル・病院などタクシーを求めている人がいる所で乗車を待つ営業方法

・流し
街中を走りながら、タクシーを求めている人を探す営業方法

これら全てはタクシーの営業方法として売上を上げる方法ですが、その中でも無線配車と付け待ちは乗客が乗ることが決まってはいますが、待ちの時間が発生してしまい効率が悪くなってしまいます。
しかし、流しは個人の工夫により、乗客を効率よく探すことができます。
流しを効率よく行うためには、タクシーを求めている人がどこにいるのかを予想しなければなりません。